日々マスク着用。この際目周りメイクを極めてみるのはどうでしょう〜

こんばんは!
Shizです。
 
 
本日はスタッフkyokoのメイクのブラッシュアップ日でした。
 
 
さて、
マスク着用で外出する際のメイク。
皆さんはどうされてますか?
 
マスク着用で、ほぼメイクしないんです!と言う方でも眉だけは描く、
マスカラだけは、たっぷり重ねる!
と言う方も多いのではないでしょうか^^?
 
 
岡田は普段リップはバッチリする派なのですが、
現在は保湿リップバームのみとなりました。
 
 
大部分マスクで顔が覆われますので、ベースメイクも控えめに。
☑︎下地+目の下のコンシーラー
をちゃちゃっと位で。
 
 
そのかわり、今は目まわりに力を入れてます。
 
 
ベースメイクや、リップメイクが時短になったので、いつも以上丁寧に眉もいじってみる。
☝︎眉の左右差を揃える。
☝︎毛束感を生かし、自然な毛流れにする。
☝︎ノーズに繋げる影を意識する。
文字にすると、この3点を眉では意識しています。
 
 
本日の記事は
メイク好きな、時短に全く拘らない方には参考にになるかもだけど、とにかく時短!を優先される方にはオススメではない眉工程となっておりますー(笑)
 
 
私自身
毎日下記工程全てをしている訳ではありませんが、最低2工程は必ずしています。
2工程の場合は、ペンシルとパウダーの組み合わせ。
パウダーと、眉マスカラ。など。
 
 
岡田の普段の眉工程はmake Shizオンラインサロン動画でお伝えしています。
 
 
 
 


必要な情報だけチョイスしてね^_−☆
 
 
【崩れにくく、自然な眉編】
 
①ケイトのアイブロウパウダーの影の色を使い、ノーズ影と眉頭を繋げる。
 
②エレガンスのアイブロウスリムで毛流れに添いながら描く。眉の目安をつくる。
まだまだ描き足りないところでやめる。
 
③ケイトの③の2色を混ぜて、下書きの上から毛を埋めるように描き足す。(瞳の色や、髪色に合わせてね!)
 
④毛流れに逆らって髪の毛の色に合わせてアイブロウマスカラをのせる。乾いたら毛流れに沿って流す。
 
⑤眉山〜眉尻のメイクが落ちやすい部分だけに
リンメルのリキッドアイブロウでうすーく描き足す。
 
 
時短にしたい方も、上記のどれか1つだけ!よりは、2つのアイテムを使用する事で自然な眉に仕上がりますよ。
 
 
実は細かく重ねれば重ねるほど、ナチュラル眉になる不思議!
メイクレッスンの良さはテクニックを身につけられるので、プチプラコスメが使いこなせるようになります。
あと、継続してブラッシュアップすると、必ずコスメの目利きが効くようになる!
 
 
メイクテクニックがない場合は、単純にメイク道具の質を上げれると良いです^^
優秀な道具が手助けしてくれますよ。
 
 
アイブロウは力を入れましたので、
シャドウはちゃちゃっと。
睫毛は付け睫に頼ります。
 
 
アイライナーも私物はドラックストアにあるウズのブラウンブラックを使用しています。
 
こちらコシがあるので描きやすく、にじみにくい!
¥1500前後
オススメですー。
 
フタを閉める時だけ、毛先がバラつかないように気をつけてね。
岡田使用はブラウンブラック。
 
 
さて、
私は睫毛が少なく、エクステでは片睫毛60本ないので、付け睫派になりました。
睫毛は生命力に繋がる場所ですので、手抜きは禁物エリア^^
 
 
睫毛は束感を出すと、目の拡張にも繋がり、印象が激変する場所。
 
 
エクステもそうですが、なりたいメイクイメージで、睫毛をチョイスする選択があっても良いですよね。
 
 
つけまつげや、エクステの良さは
アイライナー引いたみたいになるから楽!
昨日ハンズで見つけた目尻だけの
10秒マツエク!
どんどん手軽に身近になってきた付け睫。
 
最後に、マスクして外出先でランチする時
ベースの崩れ気になりますよね。
 
 
エレガンスのラプードルは肌がサラッサラになりますのでマスクに着きにくいですよ。
やっぱり、お値段の価値はあります。

 
ご参考になれば‥
ではではまた!