メンバーさんの似合うメガネ選び♬

こんばんは!

Shizです。



昨日は、オンラインサロンメンバー様Yさんのメガネの同行ショッピングと、

初めましてのFさんのアセスメントでした^^



自分に似合うメガネ

って、気になりますよね^^

特に色んな意味で、40代以降は特にメガネ必須になってきますし。




最近のメガネは、フレームが華奢!

ここら辺にも時代が現れますよ〜

カタチも、丸寄りのフレームとスクエア寄りのフレームの間の【ボスリントン】なるカタチが出ています。



ボスリントンは比較的失敗の少ないメガネではないでしょうか。

後は、縦幅が大き過ぎないか(眉から顎先までの三分の一が基本)チェックしたり、とにかくメガネをかけまくる事をオススメいたします✨



まさにここでも試着なんですよね♬

似合うメガネの定義はこれまでも何度かお伝えしておりますが、

ボスリントンメガネ





本日のYさん

まずは

お顔の印象

お写真(平面)だと、曲線寄りに一見見えますが

立体(対面)では直線と曲線をお持ちでいらっしゃいます。



似合うメガネの定義は、顔の輪郭と逆に選ぶ。ですが、

直線と曲線を併せ持つYさんは、どちらに寄せ過ぎずの

ボスリントンタイプが一番しっくり♬

まずはYさんの基本形ですね。



そして2本目からは

可愛さ生かしたいなら→丸みあるボストンメガネを。


シャープさを優先させたいならスクエア入ってるウェリントンタイプを選んでみるのも良いですね♬



あと注目☝︎眉の形と、メガネ上層部の形を合わせること!


下記メガネは、全てブロウラインが合っています^^

全てボスリントンにカタチは近いのですが、より、、曲線か直線か、、、になった場合わかりやすく定義しています。


メガネ横の部分が華奢なタイプは、お顔周りにツヤが仕込まれますので、一石二鳥✨





Yさん♬お写真の掲載ありがとうございます😊



そしてアセスメントでお会いいたしました、Fさん、パーソナルカラーは初めてとの事で、急遽、26日パーソナルカラー講師養成講座のモデルになっていただく事になりました♬

YさんやFさん、ご縁が本当、嬉しいです。



それではまた!

今日はTamamiさんが大阪からお越し下さいまして、kyokoさんと3人でパーソナルカラーメイク用品選びを朝から夕方までみっちりレッスン。

そちらのレポートはまた明日♬

パーソナルカラーこそ違えど、お揃いのリップ買っちゃった♡





Shiz
080.5076.0948
岡田志津恵

2