メガネでイメージをつくる!〜なりたいイメージはありますか?

こんばんは!
Shizです。
今日のブログは
昨日のレッスンと、今日のレッスンから出てきたキーワードからお伝えしてみようと思います。
昨日アセスメントで似合うメガネとヘアスタイルを知りたいとお越し下さいました、初めましての50代Kさま。
似合うヘアスタイルは、お顔のイメージや、骨格の併せ持つ肌の質感から画像で解説+お伝えし、後はプロにお任せで‥^^となり、
Kさまにお似合いになるメガネの話も机上ではありますが、お話いたしました。
ブログ読者様耳タコかもしれませんが
似合うメガネの定義とは
☑︎眉下から顎先まで三分の一の縦幅である

☑︎眉のラインとメガネの上層部(リム)が同じカタチだと、より自然に顔に馴染みます。

☑︎黒目の位置がレンズの中央か、やや内側

☑︎メガネ横幅が頬骨発達してる部分よりはみ出してないこと
‥と、似合うメガネのポイントはありますが、
なりたいイメージに寄せていく事も出来る、便利なメガネ!
本日は、この顔のカタチの方にはこんなメガネ!というよりも、どんなイメージになってみたい?
の視点からメガネをお伝えしてみますね。
まんまるではなく、フレームに曲線のある
【ボストンタイプ】だと
柔らかな落ち着いた印象に✨
【ウェリントンタイプ】だとカジュアルな印象!
【オーバルタイプ】
カタチは優しい印象(色はシャープ。組み合わせは無限大)
ちなみにこちら例として、理論的には、ウィンターで、三角、四角顔で優しい印象にしたい方向け、、、となります^^
難しい事はさておき、
なりたいイメージを、共有するコンサル後に、
メガネはお買い物レッスンで一件落着です!
【ハーフリムタイプ】
すっきりとした印象(カタチがオーバルなので)+優しい印象ですね。
ちなみに
【ラウンド型】は
おおらかな印象に


当サロンのお手伝いに来てくれたり、この夏のパリでもご一緒したSaoriさんは小物使いがとても素敵です。メガネも感覚ながら、いつも洋服イメージにぴったりと合わせられています。
洋服にストーリーを持たせて、着用されてるのかな?と感じるほど。



あくまでも、理論的に似合う!はもちろん知っておいた方がなにかと役立ちますが、
今日のファッションなら、こんな風に見せたいな!のあとひと声‥に伊達メガネをサラッと掛けてみるのも大人の遊びアイテムとしてステキですね!

画像のご協力ありがとうございます!
Saoriさんのブログはコチラから。

既に懐かしい‥パリ

明日は、メイクレッスンでの難問‥眉についてお伝えしますね!

それではまた!