肌トラブルをカバーした際、鍵となるのは‥

こんばんは!

Shizです。



本日は2組様のレッスンでした。

リピーター様Mちゃんのメイクレッスンと、初めましての20代Hちゃんの3時間カスタマイズレッスン。



画像はありませんが、Mちゃんとは

自宅でメイクレッスンをしている時に知り合いました。あれからかなり時も過ぎ、ご縁が続いていること、レッスン代金もあの当時からすると数倍するにもかかわらず変わらずお越しいただいてること、本当にありがたい気持ちでいっぱいになります✨

今日はメイクのブラッシュアップをご希望でした。




メイクはまずベースからですが、

そもそもベースメイクする事での利点とは?

肌色を均一にする役割があります。

その他、肌の質感を変えたり、立体を出したり、毛穴をカバーしたり‥and more出来ます。



今日は、レッスンでもお伝えした

顔に吹出物などのトラブルが出た際の、【崩れにくい、対処法のひとつ】カバーする工程をお伝えしたいと思います。




①固めテクスチャーのコンシーラーを

ナイロン製のコンシーラーブラシにとり、

カバーしたい部分にのせるように置く。

②自身の肌色〜ワントーン暗めのパウダーファンデーションをチップに取り、置くようにのせる。(明るい色や、肌色のままだとカバー部分が逆に不自然に浮いてくる)





最後に大事なのは、
水を含ませたスポンジで
カバーした部分をスタンプ押しで肌に定着させる!
一見面倒ですが、この工程を踏んでおくと
お直しがほぼいらないので、結果楽なのです。
肌に密着、定着させる!が鍵ですよ🔑
 
もっと簡単に吹出物カバーしたい場合は、
ペンシルコンシーラーを選ぶと良いですね


午後からのTちゃんのレッスンで、驚かれたのは
目の下がパァーっと明るくなる工程でした。

いわゆるゴーグルゾーンですね。



まずは

①筆ペンタイプのアプリコット系コンシーラーで目の下に血色投入し、肌色を合わせる。


②ラベンダー色のパウダーをブラシでかける


③YSL ラディアントタッチ01ピンク系をうすーくのせ、目の下を明るさを出す。


④水に濡らし膨らませたスポンジを目の下にスタンプ押しし、定着! 




Mちゃん、Tちゃんお疲れ様でした!
明日はTちゃんのファッションコンサルレポートをいたしますね!